東京石心会の沿革

沿革

  • 平成7年9月開業立川市若葉町に脳神経外科の急性期入院、手術と外来を主に開設。
    高度脳神経外科を方針に現在にいたっております。
  • 平成10年2月医療法人社団新緑会となる。
  • 平成11年9月老人保健施設わかば。訪問看護ステーション わかばを開設。急性期から在宅への大きな障害を取り除くため地域の中での医療機関へと大きく脱皮いたしました。
  • 平成12年4月在宅介護支援センター。ケアプランセンターわかば開設。介護全般をカバーするため、より強力にシステムを発展いたしました。
  • 平成12年5月訪問介護センターを開設。訪問介護に送迎サービスを加え、通院の不自由な方が自宅に閉じこもらないよう、心がけています。
  • 平成14年3月わかばヘルパー2級課程養成セミナー認可。第1期生卒業。その他、立川市と連携し、さまざまな職員が地域の講演会、看護学校の講師、健康セミナーの指導などを行っています。
  • 平成15年6月新緑会脳神経外科
    脳腫瘍、頭頚部腫瘍の定位放射線治療を行う治療センターです。年間約500症例の治療を行っています。
  • 平成20年2月「立川若葉町脳神経外科」から「立川新緑クリニック」へ名称変更しました。
  • 平成20年9月昭島腎クリニック開設。
  • 平成20年12月新緑会脳神経外科閉鎖。
  • 平成21年2月地域ニーズに応えるため、立川新緑クリニックの機能を再編しました。入院施設を閉鎖し慢性外来に特化することで、よりきめ細やかな対応が可能となりました。 
  • 平成21年11月新緑会から東京石心会へ法人名称が変更になりました。
  • 平成24年1月新緑脳神経外科開設。
  • 平成24年2月川崎健診クリニック開設。
  • 平成24年12月川崎健診クリニック移転
    川崎区小川町から川崎区駅前本町のクリエ川崎8階へ移転しました。
  • 平成26年3月川崎健診クリニック閉鎖(事業譲渡による)
  • 平成27年1月立川新緑クリニックの新築移転に伴い主たる事務所を立川市若葉町三丁目54番16号に移転

一般事業主行動計画

医療法人社団 東京石心会 一般事業主行動計画(133.6KB)